• 宿泊プランのご案内
  • お電話でのお問い合わせは04-7095-2111
宿泊予約
宿泊日 (年/月/日)
   
宿泊数     利用人数(1部屋)
 泊  名様
宿泊料金の範囲
 から
 まで



当館は、おもてなしの心と周辺環境から… 旅行新聞社主催 プロが選ぶ 日本のホテル・旅館100選 NPO法人日本列島夕陽と朝日の郷づくり協会主催 夕日の見える宿100選 環境省主催 かおり風景100選(誕生寺) に、選出されました!
旅色に紹介されました
ドローンによる空撮と館内ご紹介イメージ動画をご覧ください
  • 旬の房総 昼食プランのご案内
  • 平日限定 吉夢のご宿泊宴会プラン グループ・団体様向けの4つのプランです。
  • セラピーサロン凪
  • 鯛の塩釜焼き
  • facebookTwitter↑ 当館の最新情報は
    こちらをご覧ください。
  • 館内にてWifiがご利用いただけます。

駅から吉夢までの散歩道

駅から吉夢までの散歩道

小湊駅01

JR外房線安房小湊駅。海にほど近いこの駅は、待合室と改札がポツンとある小さな駅です。朝夕のラッシュとは無縁。朗らかで、どことなく情緒があります。
駅名が記された木造の看板には鯛の絵が描かれ、ここは観光名所「鯛の浦」を抱えた土地であることを知らせています。

駅から当館への道のりは、海岸線に沿って東へのルート。タクシーのご利用も便利ですが、散歩がてら15~20分、海沿いの小路を歩いてお越しいただくのもおすすめです。きっと、小さな港町ならではの長閑な風景と出会えることでしょう。

小湊駅02 小湊駅03 小湊駅04
内浦湾01 内浦湾02 内浦湾03

小湊駅前から南に向かって150m程で、きれいな砂浜と青い海を湛えた内浦湾に突き当ります。ここは東西を岬に囲まれた、波も穏やかな入り江の海です。夏は海水浴場となり賑わいを見せますが、普段はひっそりとした静かな海岸です。
寄せては返すさざ波の音、太陽の光をうけてキラキラと煌めく海原。

砂浜のお散歩は爽快で、裸足で歩きたくなります。
砂浜に残るのは、普段より歩幅の広い、ゆったりとした足跡。

海岸より海に向かって左、入道ヶ岬の先側には当館が見えますので、きっと迷うことなくお越しいただけると思います。

砂浜より国道128号線にあがり小湊漁港へ向かいます。
ここにはその昔、今では姿を消したイッチョウコギ(一挺漕)またはアマブネ(海人船)と呼ばれた木製の和船が停泊していました。海女たちは海女小屋で暖をとり、海士たちは船上で、風除けに戸板を立てた中に囲炉裏を作り、松や竹を燃やして暖をとりました。昭和30年代に営まれていた漁村の風景です。
今ではFRP船の並ぶ漁港に古き時代の姿を重ねてみるのも、楽しみのひとつとなるでしょう。
小湊の歴史は、当館より徒歩3分の鯛の浦会館に一部展示がございます。鯛の浦遊覧船の発着所に隣接しておりますので、どうぞお立ち寄りください。

小湊漁港01 小湊漁港02
小湊漁港03 小湊漁港04

さて、国道沿いの漁港を右手に勝浦方面に向かい、日蓮橋を渡ると日蓮交差点です。
ここを右折で当館ですが、その前にちょっとお時間のある方は、信号左側の両親閣妙蓮寺へお立ち寄りください。ここには日蓮聖人の両親のご廟所(墓所)として大孝根本(たいこうこんぽん)の霊跡と言われる親孝行のお寺です。
ちょっとここでひと休みもよろしいかと思います。

妙蓮寺01 妙蓮寺02
妙蓮寺03 妙蓮寺04
鯛の浦01

日蓮交差点まで戻りましたら、鯛の浦方面へ進んでください。
右手に港の風景が広がったら当館は目の前です。
手前には、鮮魚や海産加工品を取り揃えたウオポートもございます。
お帰りの際のお土産品を品定めも旅の楽しみです。

鯛の浦02
鯛の浦03

お店を出れば、もう隣は当館です。
お疲れ様です。
お待ちしておりました。

吉夢01

当館屋上の展望露天風呂からは、内浦湾を一望できます。
温泉につかりながら、さっき通った散歩道を辿るのは
これまた気分の良いものです。
今日は、海の幸と温泉でゆっくりとお休みください。

吉夢02
このページの先頭へ

コメントは受け付けていません。