• 宿泊プランのご案内
  • お電話でのお問い合わせは04-7095-2111
宿泊予約
宿泊日 (年/月/日)
   
宿泊数     利用人数(1部屋)
 泊  名様
宿泊料金の範囲
 から
 まで



当館は、おもてなしの心と周辺環境から… 旅行新聞社主催 プロが選ぶ 日本のホテル・旅館100選 NPO法人日本列島夕陽と朝日の郷づくり協会主催 夕日の見える宿100選 環境省主催 かおり風景100選(誕生寺) に、選出されました!
旅色に紹介されました
ドローンによる空撮と館内ご紹介イメージ動画をご覧ください
  • 旬の房総 昼食プランのご案内
  • 平日限定 吉夢のご宿泊宴会プラン グループ・団体様向けの4つのプランです。
  • セラピーサロン凪
  • 鯛の塩釜焼き
  • facebookTwitter↑ 当館の最新情報は
    こちらをご覧ください。
  • 館内にてWifiがご利用いただけます。

最近の投稿

  • 誕生寺御会式2018
  • 夕焼け
  • 『新豆』入荷!!
  • 秋の火災予防運動
  • 『岩高山 日蓮寺』御会式
  • ブログ吉夢通信

    葉月によせて・・・。

    posted by 吉夢 女将
    2018年08月24日

    暑さいまだ衰えず、

    猛暑、酷暑の活字もかすんで見えるこの頃、

    皆さまには、ご健勝であられますでしょうか。

    お伺い申し上げます。

      

    8月にはいり、毎日行われた、

    小湊連夜の花火も、お陰様でお越しいただいたお客様に、

    大変喜んでいただき、今年も無事終わり、

    気が付けば、8月も終盤に差し掛かっております。

    気が付けば・・・とは、おかしな文言になりますが、

    毎日々、お客様をロビーでお迎えして、

    ともすると、日にちや曜日の感覚が飛んでしまい、

    お客様がご無事でお着きになり、

    お喜びでお帰りいただく事のみに、心砕く毎日でございます。

     

    ロビーにおりますと、お叱りの言葉を頂戴する事も、

    多々ございますが、私が直接聞かせていただければ、

    時間短縮、問題解決も早く、何より恐いのは、

    起った問題すら知らないで終わってしまう事なのでございます。

    夏の時期は、ご家族連れのお客さまが、大勢お見えになりますので、

    少しでも、お待たせしないように、

    午後からは、社長自らロビーに立ち、チェックインの折の先導を、

    率先してやって下さっております。

    また、夕方になると、各食事処のヘルプに、

    他部所の方が、廻ってくださり、

    今年の夏も余日少なくなりましたが、

    スタッフ皆のお陰で、大過なく終えることが出来、

    有り難いの一言です。

     

    31日には、ご苦労様の夏仕舞い、

    社員さんも楽しみにしている事を、耳にしまして、

    お席を廻り、お礼の一言申し上げたいと存じます。

    平成最後の夏・・・何か、もの寂しい響きですが、

    このように、歴史はまわり、

    時は過ぎて行くものなのだと思い、

    天が与えたもうたこの御役を、

    全うして帰れたら、本望と思えるこの頃、

    暑い日差しの照る小湊で、今日も生かされ、大きな感謝!!

      

    ・・・立正佼成会を創立する前、漬物の行商をしていた私は、

    お客さんに喜んでいただくには、

    おいしい漬物を作ることだと信じていました。

    ですから、値段も安くし、直ぐに味がかわることのないよう、

    心配りを忘れませんでした。

    福神漬を大盛りにしておまけすると、とても喜ばれたものです。

    私は、漬物が売れること以上に、

    お客さんの喜ぶ姿を見ることが楽しみでした。

    商売でも何でも、人さまに喜んでもらっていたら、

    損をすると思う人もいるかもしれません。

    けれども、損などしないのです。

    お風呂で、お湯を「人さまへ」という気持ちで向こうへ押しやると、

    向こう側のお湯が、押しやった分だけ返ってきます。

    それと同じように、人さまのことを第一に考えていると、

    目に見えない功徳がめぐりめぐってくるのです。

                                      (立正佼成会 開祖 庭野日敬氏)

      

    帰って夜、湯船に浸かりますと、

    いつも今日あった出来事を思い返し、一人反省会を始めます。

    今日一日、思いあがった態度はなかったか。

    伝えた言葉に間違いは無かったか。

    ほんの数分の事ですが、わが身を省みる大切な時となり、

    明日へのよすがとなっております。

    生前義母である会長が、「損して得とれ!」と、

    笑顔で話されていたのが、思い出されます。

    母も経営者として、母親として日々悩みながら、

    一つづつの事柄に、歩みを止めず、解決して行ったのだと、

    今更ながら、その偉大さに触れる毎日でございます。



    このページの先頭へ