blog

吉夢通信

吉夢通信一覧 女将

早苗月によせて・・・。

2019年05月24日
posted by 吉夢 女将

若葉の薫る、爽やかな季節となりました。

ここ数日は、汗ばむくらいの暑さとなり、

もう単衣の着物で充分といったところで、

6月からは衣替えと共に、客室係の着物も新調いたしましたので、

出来上がりを、今から楽しみにしております。

 

10連休も、無事に終え、そのまま翌日から社員旅行で、

長崎ハウステンボス、博多へと行ってまいりました。

 

ハウステンボスも、10数年前に訪れた時より、園内が格段に明るく手入れされ、

野外ステージでは、コンサートが入れ替わり、立ち代わり行われ、

歩き疲れた私には、ちょうど良いリフレッシュタイムとなり、

生のコンサートは、また格別ですね。

夜遅くまで、若い子たちは、充分楽しめたようで、

翌日の博多の夜も、それぞれカラオケ、スーパー銭湯等と、

充実した夜となり、あともう1日欲しかった~!!なんて、

後ろ髪引かれる思いで、帰ってまいりました。

 

話が前後致しますが、

博多空港へ着く前に、ガイドさんが、

空港にある今人気の明太子屋さんを教えて下さり、

お店に入りましたら、お店の商品もさることながら、

私の目に一番に飛び込んで来たのは、『鯛を持った招福招き猫』

時間が無く、店員さんに細かな事を聞くことも出来ずに、

あたふたと飛行機に乗り込んでしまい、

帰ってから、ネットで色々と調べましたら、やっと見つかりました!!

博多人形の作家さんのお名前も分り、早速電話いたしましたら、

感じの良いご子息さんに代わり、

おそるおそる色々とお聞きし、注文させて頂く事になり、

納期は2ヶ月余りとの事でしたが、

先日ご連絡頂き、今月末には完成し、送って下さる手はずとなりました。

お越し下さった皆様にも、私どもから福が訪れますようにとの願いを込めて、

ロビーに置かせて頂こうと、今から楽しみにしております。

 

鯛は小湊では、大切な神様の御使い、

鯛塚と呼んでおります、鯛のお墓も、誕生寺の境内におまつりしてあるくらい、

小湊には妙の浦と並んで、鯛は神聖な使者となっております。

こんな出逢いもありますので、旅はいつ行っても、どこへ行っても、

また新たな出会いやご縁を下さり、思い出として残って行くものなのだと、

そんなお手伝いを、日々させて頂いているお宿業、

これからも、心してまいりますので、

何卒、ご贔屓くださいますよう、伏してお願い申し上げます。

日没も随分と遅くになりました、夕陽を眺めながらお湯に浸かり、

日々のお疲れ落としに、是非ともお越しくださいますよう、

スタッフと共に、お待ちいたしております。

令和の時代の幕開けの月に、

今日も生かされ、許され大きな感謝!!

 

今が見頃と白いくちなしの花に、毎日癒されております。

次々に蕾から白い花がうまれ、甘さの混じったその香りに、

疲れもどこかへ飛んでいきます。

 

若い頃、鉢植えなどには、興味もございませんでしたが、

年のせいですね、今はせっせと、水やりや肥料を与えて、

生き抜きを兼ねて、楽しませて貰っています。

5月は、社長の誕生月、

姉やS・Hさんから、毎年バースデーケーキを頂き、有り難い!の一言。

今年はメンタルの達人!!笑わせて下さいます。

いつもお店の方に笑われると、姉が渡しながら話してくれました。

 

我が家の百合も随分と背が高くなり、開花が待たれます。

6月には、恒例になりました、清澄のお山の「清澄ユリの里」鑑賞会、

咲き誇った百合の美しさ、見事さもさることながら、

地域の方々の土の耕しからの、ご苦労が垣間見られます。

こちらにお越しの際は、皆さまも是非お立ち寄りくださいませ。

花見月によせて・・・。

2019年04月20日
posted by 吉夢 女将

とうとう平成の世も、あとわずかとなり、

新しい元号 『令和』 良い響きですね。

 

またまた最初はお二方の事になりますが、

天皇皇后両陛下はここに来て、益々お忙しいご様子、

最後のさいごまで、私共国民にご誠実でいらっしゃいます。

天皇陛下は、

「私は、あなたと結婚できて、本当に幸せだった」と、

最近、皇后さまによく話されると。

「あなたもそうだといいんだけど」と、おっしゃられる・・とか。

仲睦まじいお姿を、マスコミを通じて何度となく拝見させて頂き、

お互いに、差し上げるとしたら、努力賞、感謝状と、

ユーモアを交えながらお話なさるお姿に、

見ているだけで、私共は、どんなに幸せを頂けた事でしょう。

あのようなご夫婦には、中々なれるものではございません。

先日、「私には何をいただけますか?」と、

社長に聞きましたら、『 忍耐賞 』を下さるそうで、

私は、社長に差し上げるとしたら、『 暴れん坊大賞!!』と、即座に答え、

車の中で、二人で声を上げて笑いました。

知り合って50年、色々な事が沢山ありましたが、人生本当にあっという間です。

 

今月は、初めての10連休を控え、

来週初め全館休業を使い、施設のメンテナンス等々、

また敷布団、掛け布団を新しく致しましたので、入れ替え作業を行います。

先ずは、お客さまの寝心地を一番に、試行錯誤の数か月、

そして働く方の、作業のし易さ、

皆で何度も々、検討を重ね、私も着物のまま、

まるでトドが横になっているかのように、ゴロンと横になったり、

その様な中、やっと商品が形となり、

業者さんには、随分と右往左往させてしまいましたが、

皆さん気持ちよく、こちらの希望を受け入れて下さり、今日に至れました。

 

旅館業は自転車操業と、先代が話していた事、

折にふれ、お伝えしてまいりましたが、

このお宿業、襖を張り替えると、畳の入れ替え、そちらが済むと、他の所がと、

また塩害もあり、他の地域に比べますと、機器や車も余りもたず、

いつもながらの口癖となりますが、お商売はいつも崖っぷちと、思い知らされます。

    

しかし、この世の中にある、どんなお仕事をとりましても、

それぞれの方が、皆大変な思いをされて、

人知れず、みず鳥の水掻きのように、バタバタと身体はもとより、心を揺らしながら、

時には、我が身と問答しながら、

働いていることも忘れてはならないと、考えております。

目まぐるしく忙しいそのような世の中だからこそ、

私共のこのお商売が必要とされ、その存在価値があるというものです。

そして4月より、今までご要望の多かった全室を禁煙とさせて頂きました。

お吸いになられる方は、1階・2階・3階・別亭1階の喫煙室のご利用を、

何卒ご協力の程お願い申し上げます。

 

東大名誉教授の上野千鶴子さんの祝辞が、話題に上がっております。

「・・・・あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。

恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、

そういうひとびとを助ける為に使ってください・・・・。」と言われ、

美智子妃殿下や、渡辺和子女史、緒方貞子さん等に、

大きな影響を与えた、聖心女子大初代学長のマザーブリットも、

「恵まれた環境の貴女達は、社会にそれを還元して行きなさい!」と、学生達に話されたとか。

何も、東大の学生さん方や一握りの人たちだけではなく、

皆がそれぞれの置かれた場所で、

ほんの一筋の光を掲げる、一隅を照らす・・・、言い方もやり方も何でも良いのです、

「私に何かお手伝いできますか?」「何かお困りですか?」と。

私もいつも何処ででもそのように言える、心のゆとりを、

忘れないで過ごしていきたいものと存じます。

 

ピンクの八重桜が黄色のチューリップが美しい季節、

今日も生かされ、許され深い感謝!!

  

 《 自分の感受性くらい 》

 

ぱさぱさに乾いてゆく心を

ひとのせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて

 

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

 

苛立つのを

近親のせいにはするな

なにもかも下手だったのはわたくし

 

初心きえかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

 

駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄

 

自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ

      〈 女流詩人 茨木のりこ 〉

 

4月に入り、三女の札幌当時のご友人が、

内閣官房拉致問題対策本部に出向されたと、

そのお知らせメールに、茨木のりこさんの詩に、

パシッと心を叩かれたと・・・あったそうだ。

私も先日、被害者家族の方の、何十年もの葛藤、戦いの、

テレビをタイムリーに見ることが出来、久しぶりに見ながら1人大声で泣いてしまいました。

昔まだまだ若い頃、海辺でカップルが、

神隠しにあったように、居なくなると、聞いた。

そしてそれが、北朝鮮による拉致だと、

また長い月日が経った後に、知らされ、

まさか、こんな不条理な事があって良いのだろうか、

居るところは分っているのに、会えない、手出しできない歯がゆさ、

家族にとっても、近くて一番遠い国になってしまった、北朝鮮。

今の時代に、よその国の子や人を、いとも簡単に盗む行為があって良いのか。

生きて帰ってくるそれだけを待ち続ける家族が居る事を、

平成から令和に、時代は変わろうと、

日本国民はみな、絶対忘れてはいけないし、

風化させてはいけない事柄だと、私もいつも心に強く願っておりました。

拉致被害者の事を、ブログに取り上げて宜しいでしょうか?と、

娘を通してお聞きしたところ、

「私は今、拉致問題を風化させない、国民世論を盛り上げるのが仕事なので、

是非書いてください、家族への批判でなくてエールであればドシドシ、

北朝鮮は、日本のメディアとか世論を気にしているし、拉致が

日本人の関心が高い政治問題だと伝える事はとても大事!!」と、

直ぐに娘に返信下さいました。

 

横田めぐみさんのお母さまは、

『めぐみはきっと北朝鮮で不自由な暮らしをしているだろうから、

帰国したら、北海道の牧場に連れて行って、

自由だよ、って言ってあげたい』と、いう旨の発言をなさっていて、

彼女も、めぐみさんが帰ってきたら、私が北海道の牧場を紹介したい!

(なんならアテンドしたい!)というのが、新たな野望!と言われています。

今日からまた、心にちゃんと水やりをして、拉致被害者支援に向き合っていきたい!と、

娘と同級の彼女の強い思いと、めぐみさんや被害者家族の皆様のご存命中に、

不当に拉致された皆さんが揃って、

北朝鮮から日本の空港のタラップを降りられるのをこの目で見届けるまで、

私達国民皆が、絶対にこの問題を忘れてはならないと思い、祈る者です。

弥生月によせて・・・。

2019年03月28日
posted by 吉夢 女将

一雨ごとに暖かくなり、

桜の花も、こちらでは七分咲きといったところとなりました。

3月は別れと、新たな出発の季節。

 

きっと桜の花を悲喜こもごも、胸いっぱいの心持ちで見上げた事を、

思い出される方も、沢山おいでになる時期ではないでしょうか。

私共でも、求人難と叫ばれる旅館業へ、

今年調理師学校を卒業され、調理部に入られた男の子、

数日前より無事高校を卒業された、可愛いお嬢さんを、

どちらも、4月の入社式を待たずに入寮し、

早速、戦力となって働いて下さっています。

 

これからの日本を支えるのは、農業と観光業だと、

社長がある講演会で聞いて来たと、話して下さいました。

旅館業も、団体のバスでのお客さまから、

ファミリー、個人を中心とした形態へ、

数年前より大きく、シフトチェンジしてきていると感じております。

何かの記念日に、ご家族で、ご友人でと、

最近は、〇〇記念日でと、お越し下さるお客さまを、

毎日と申して良い程、お迎えさせて頂いております。

そして、お客さまがご満足でお帰り下さいましたら、

それに勝る私共の喜び、達成感、甲斐はございません。

 

人の心の奥底にきらりと光る宝石があるとしたら、

それは、お宿業で言えば、きっと見返りを求めない無償の行為や心遣い、

お客さまに向ける笑顔であると。

それはそれで、宿泊料を払っているのだから当たり前だと、

言われてしまえば、みもふたも無い事と申せますが、

人生は笑顔でのキャッチボールを、

身をもって、いつも心がけ示したいと、願っているものでございます。

教育がたりていないと、お叱りを受けることも、多々ございますが、

宿業としての、ノウハウは別といたしまして、

今の方々はもう充分に、教育を受けてこられておりますので、

自ら選択してサービス業に、入って来て、

人に言われてやるようでは、心は納得しておりませんので、

決して身につくものでは無く、

自分が心底変わりたいという思い、その気づきを、行動に移すことこそ、

大切なのではと、いつも見守り、

求めて来た折に、私なりの考えを伝え、

その後に本人が取捨選択して、決めていくものと、捉えております。

 

春の海はキラキラと、

そして夕陽は静かに今日の仕事を終え、山へと沈んでまいります。

平成の御代もあとわずか・・・。

今日も生かされ、許され大きな感謝!!

 

先日、奄美の小学校の卒業式の、合唱の歌が目に留まりました。

大好きな竹内まりやさんの作詞というので、

尚一層心に響き、つい口ずさみました。

  

生きてゆくことの意味 問いかけるそのたびに

胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ

この星の片隅で めぐり会えた奇跡は

どんな宝石よりも たいせつな宝物

泣きたい日もある 絶望に嘆く日も

そんな時そばにいて 寄り添うあなたの影

二人で歌えば 懐かしくよみがえる

ふるさとの夕焼けの 優しいあのぬくもり

 

本当にだいじなものは 隠れて見えない

ささやかすぎる日々の中に かけがえない喜びがある

 

いつかは誰でも この星にさよならを

する時が来るけれど 命は綱がれてゆく

生まれてきたこと 育ててもらえたこと

出会ったこと 笑ったこと

そのすべてにありがとう

この命にありがとう

                                    ≪ 竹内まりや いのちの歌より ≫

    

如月によせて・・・。

2019年02月25日
posted by 吉夢 女将

三寒四温、庭からは沈丁花の香り、

梅もここ数日の暖かさで、真っ白な花を沢山つけております。

2月も、あっという間に駆け抜けてしまいますので、

今から、パソコンに向かっております。

  

連日、いじめ、児童虐待、体罰の報道、飲食店でのSNS拡散、

私達は、豊かさ、利便性と引き換えに、

何か大切なものを、忘れてしまってきているのでしょうか。

人生60も半ばを過ぎますと、

生きてきた道のり、今、生かされている意味など、

気づかされる場面に、多々遭遇いたします。

その中で、どのように今の自分を使わせて頂くのが良いのか・・、

より向上出来るのか・・自分らしく生きれるのか・・。

1年に春・夏・秋・冬があるように、

人生も、蕾の時、綺麗な花を咲かせる時、やがて花や葉を落とす時と、

それこそ、これだけは万物平等に、散りゆく時に向って歩いているのでございます。

だからこそ、許され、生かされて在る時こそ、

互いに補いあい、助け合いながら、

歩みを進めて行かなければ、勿体無い気がしてならないのです。

 

平成の御代も、あと数か月、

先日、東京へ行った折、渋谷で開催されておりました、

天皇皇后両陛下写真展へ、寄らせていただきました。

結婚前から約60年にわたるお二方の、いのちの旅の足どりを、

添え書きと共に、観させていただきました。

 

いまだ皇室と国民の隔たりが大きく、

皇太子と平民の婚姻などもってのほかと、

今では考えられぬ事ですが、母君さまはじめ皇室の方、

また「象徴となるべき人が自分のしたいことをするようでは、

国民の尊敬と崇拝をえることはできない」と、国会答弁でも反対の旗印が上がる中、

当の正田家も「あまりに身分が違いすぎる・・・。」と3度のご辞退と・・。

ご結婚までの困難に限らずこの61年、

ご公務、子育て、国民への心の寄せ方など、

守るべき伝統と変えるべきことの、

大きなことから小さなことまでおふたりで、

話し合って決めてこられたと、おっしゃられています。

最近は天皇陛下の杖のように、必ず隣におられ、

お支えしているご様子を国民の一人として見させていただき、

夫婦とはこうあるべしとお示しくださり、

皇室と私共の距離をぐっと縮めて下さった皇后さま。

そして、軽井沢の出逢いから、この方と見抜き、

一生の伴侶にお選びになった天皇陛下の千里眼ともいえる直感力。

そのようなお二人を仰ぎ見ながら、

平成の時代を共に歩めた私共は、幸せ者だったとの強い思いを持ち、

久しぶりの渋谷の雑踏の中、急ぎ足で帰りました。

    

今月は、JR東日本の周遊型臨時寝台列車「四季島」を、安房小湊駅でお出迎えや、

日蓮宗の荒行からお帰りの地元の修行僧の方の帰山式、

誕生寺のお山の降誕会など、盛り沢山の行事があり、

早春の海には、わずかづつですが、

ひじきが波間に見え隠れしております。

 

寒い風にも春の息吹が感じられ、

春はもうすぐそこに・・・今日も生かされ、許され大きな感謝!!

 

語らいを重ねゆきつつ気がつきぬ

われのこころに開きたる窓

{ 天皇陛下 婚約内定の折の御歌 }

≪上流旧華族以上の家から、妃をとらないとしたことは、

遺伝的な考慮ばかりでは決してなかった。

国民と共に考え、共に生きる伴侶としての人を求めていた。

これは旧華族上流以上の人には、求められない姿であった。

現在、美智子の、常に日本国民のことを考え、自分のつとめに忠実たらんとしている姿をみて、

この自分の考えが間違っていなかったと感じている≫

  

                  天皇皇后両陛下肖像画

                  (野田弘志画伯が4年の歳月をかけて制作)

たまきはるいのちの旅に吾をまたす

君にまみえむあすの喜び

{ 皇后陛下 ご成婚前日に詠まれた御歌 }

≪「家庭を持つまでは絶対死んではいけないと思った」と、

お話し下さった時、私は今までの自分の見聞の中にも、

読みました小説の中にも、このように寂しい言葉はなかったと思いました。

そしてその中を二十五年間お歩みになっていらした東宮さまのおために、

力をつくして、あたたかい家庭をお作りしたいと思いました≫

睦月によせて

2019年01月26日
posted by 吉夢 女将

お陰さまで、今年のお正月は、

好天に恵まれ、お越し下さいましたお客さまに、

連日、大きくオレンジ色に染まった夕陽をご覧いただき、

目の前の、誕生寺のお山への初詣り等々、

吉夢でのお正月を存分に味わっていただき、

何よりの事と安堵した年の初めでございました。

 

どこかに出かけまして、鴨川と申しますと、

かならず、鴨川シーワールド、亀田総合病院と殆どの皆さまが、

お答えになる程、知名度の高い病院が近くにあります事は、

私共、お宿業に携わっている者としても、本当に心強く、

身内の病気もさることながら、お泊り下さったお客さまや社員さんの、

突然の体調不良、急病等にも、助けていただき、大変お世話になっております。

私が嫁いだ頃は、お客さまのそのような状態に対応出来る施設が無く、

社長が、夜、閉まった医院の門を叩く事が幾たびもあり、

その度にお医者様から大変お叱りを頂き、

ほとほと困った時代がございましたが、

現在は、何かありましても、亀田総合病院の救命救急センターのお陰で、

直ぐにお連れ出来ますので、

『鬼に金棒』??ちょっと古い言い回しですが、

病院の地域への大きな貢献度は、本当に有り難い事と、

現経営陣の方々、日夜、寝食を忘れて私共の治療に、

あたって下さっている関係者の皆さまには、

この場で、お礼を申し上げたいと存じます。

  

現在の亀田家のご兄弟の、ご活躍は言うまでもありませんが、

そのご両親にあたる、

亀田俊孝前病院長の「地方にあっても、日本一の医療を目指す!!」という熱い情熱と行動力、

諸々の問題、金策に走り回られた奥様の内助の功、

車の両輪のように、どちらが欠けても、きっと成し得なかった大業を、

ご夫妻で切り開き、並々ならない御苦労の末、

現在の礎を作られたことを、

先達ての地元紙で、私も初めて知った次第でございます。

常々「井戸を掘った方の、恩を忘れない」と、申しておりますが、

房総、鴨川の発展に寄与された亀田俊孝前病院長、

そして奥様へ深い謝意を、併せて申し上げたいと存じます。

 

只今、鴨川を車で走りますと、黄色の菜の花で作られた絨毯が、

冬の太陽に照らされて、いっそう美しく映え、

ひと足早い、春の訪れを知らせてくれております。

 

新しい時代の息吹を感じる年の初め、

皆さまにとりましても、良き一年となりますよう、

小湊よりお祈り申し上げます。

ロビーに差し込む夕陽は、まぶしい程の光を放って、

冬の海に沈んでまいります。

今年も皆さまに、良い事たくさんありますように・・・。

今日も生かされ大きな感謝!!

 

今年も社長と100選に行ってまいりました。

社員さんと、走り回って頂いた、汗のにじんだ表彰状です。

 

お正月明け、忘れないうちに反省会を開きたいとの申し出に、

言って下さった客室係の方の気持ちが有り難く、

出席させていただき、沢山出ました色々な事、

明日からの糧にしたいと存じます。

ほんの少しでも、ゆっくり牛歩でも、前に進んで行きたいと、

心新たに、誓う今日この頃です。