blog

吉夢通信

吉夢通信一覧 女将

卯月によせて・・・。

2021年04月23日
posted by 吉夢 女将

青葉、若葉の萌えいずる季節となり、

あちらの山、こちらの山にも、とりどりの色が戻ってまいりまいした。

相変わらず、コロナは新型と姿、形を変え猛威を振るって、

旅館業を営むものにも、飲食店同様、大きな影響を及ぼしております。

 

その中で、長くお世話になっている業者さんの、頑張りのお陰様で、

ロビーの絨毯の張替え、朝食バイキング場のタイル張替えと、

短期間でのリニューアル工事も、無事に終える事が出来まして、

すっきり、さっぱりしたロビーで、コロナ疲れで疲弊なさっておいでの、

お客様をお迎え出来ます事は、

宿業に生きるものとして、格別の思いでございます。

 

今月も様々な事があり、心の萎える日も、多々ございましたが、

ここで、立ち止まってなどいられません、

一歩、一歩、明るい気持ちで前へと、歩みを進めてまいらねばなりません。

先月もお伝えした息子夫婦のお陰で、私も肩の力が、少し抜けた気がしております。

大学卒業後の、大阪での社会人生活や、昨年来の北海道での、研修のお陰さまで、

正しく「男子、三日会わざれば括目して見よ」という慣用句にございますように、

若い者の力、可能性の奥深さを、日々感じております。

帰りまして最初に手掛けた、朝食バイキング場のメニューも、

総支配人や総料理長と相談し、メニューも増えまして、

スムージーも三種類、生クリーム入りのフルーツサンドや、

デザートも好評の自家製プリンに寒天ゼリーも加わり、

早々からお客様より高評価を頂きまして、

お泊り頂いたお子様からお年を召した方にも、夜に引き続き、

朝からワクワクするようなメニューを、ドンドンご提供出来ましたらと、

それを第一に念頭に置きまして、何事も良きものへ、これからも変えて行きたいと、願っております。

 

残れるものは、強いものでも、賢いものでもなく、

変化に対応できるものと・・・。

コロナ禍の中、今まで常識と捉えられていた生活様式が、根底から覆されている昨今、

どの様な変化をも、受け入れ順応出来るものが、生き残っていかれると・・・。

いつも、その言葉を立ち止まった折に、考えております。

 

今の様な難しいと思える局面でも、否、その様な時だからこそ、

差し出される温かい手がある事を、只々感謝しつつ、

心持ちも真っ直ぐに、過ごして行けたらと祈るこの頃、

抜けるような青い空、龍の舞いを思わせる白い雲、

大自然の呼吸に耳を澄ませ、今日も生かされ、許され深い感謝!!

 

ここの所、ちょっと動くと汗ばむほどの好天気に恵まれ、

空も海も、にくいほどの青さが続いております。

 

この爽やかな季節に、もう一度釣りもしたかっただろうと・・・、

もうそれも叶わなくなった、若すぎる社員さんとの別れ。

大好きだった海を、愛してやまない二人のお子さんの名前にも、

必ず一文字入れるほどだったのに・・・。

奥さまの、待ちに待った結婚披露宴を2週間後に控えて、

待ちきれずにあなたは、私達の前から、突然いなくなってしまい、

社長も、数年前より延期になっていた披露宴の、来賓挨拶が出来なくなり、

そんな文句の一言も、とうとう面と向かって、言えなくなってしまうくらい、

一人で遠くへ旅立ってしまいました。

黒い縁取りの、笑顔の遺影を指さして、「パパ!パパ!」と、

無邪気に叫んだ声は、あなたにも、間違えずに届いたでしょうか。

弥生月によせて・・・。

2021年03月27日
posted by 吉夢 女将

我が家では、桃の花、梅の花、桜の花が、一斉に咲き揃い、

小湊では、この時期恒例のひじき狩りも行われ、

里海里山に、春はいっぺんに、やってまいりました。

 

 

このような時期ですが、お陰様で、

4月1日、新たな社員さんを迎え、入社式を執り行います。

  

また、その日に、息子のお嫁さんの、若女将修行も始まります。

初めての業種、初めての接客業、何もかもが初めて尽くしで、

始めは戸惑う事ばかりでしょうが、

「何でもやります!!何でも教えて下さい!!」と、やる気充分、

「有り難いな~!」と、人生のリレーのバトンを渡す相手が、

「貴女で良かった!貴女にめぐり会えて良かった。」と、

初めて大阪で、息子から紹介を受けた時、

不思議と何の違和感も持たず、娘同様に思え、話せた事が忘れられません。

お顔合わせの折、「愛情だけは、たっぷりと育てました。」とお母様。

それが一番、それが何より大切な事だと、只々深くうなずきました。

これから、色々な意味でスタートという方、沢山おられる事と存じます。

私も鬼姑スタート!・・・?

いえいえ、4人タッグを組んで、コロナ対策や、

これから起きる様々な困難にも、立ち向かってまいれます。

今まで長く、社長と二人三脚でしたが、

一気に最強の2人が加わり、4人となりまして、

更にパワーアップして、お客様に、社員さんに心を配り、地域に貢献し、

宿業に専念してまいります。

 

『散る桜 残る桜も 散る桜』とは、良寛和尚の辞世の句、

私も年を重ね、あちこちにガタが来ておりますが、

頂いた今日一日を、真摯に、精一杯生きてまいりたいと願うこの頃、

今日も、大自然の懐で、生かされ、許され大きな感謝!!

 

『明日ありと思う心のあだ桜 夜半に嵐の吹かぬものかは』 親鸞聖人

私達は、とかく「これは、明日にしよう」「明日でいい」と、先送りしてしまって、

機を逃してしまう事が、多々ございます。

 

「明日」は「いつか」になり、「いつか」は「永遠に」と・・ならないとも限りません、

思い立ったが吉日との諺もございます。

社長も良く、気になったことは、スルーしない、

何かのシグナルの事が多いからと、良く言ってます。

お客様の命を預かる宿業は、常にこの感とも言えるアンテナを張り巡らし、

良いことも悪いことも、その日のうちに、処理する事を忘れない、

その目が、アンテナが増えたことは、本当に頼もしいと思えます。

『明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい』とは、

マハトマ・ガンディーの金言。

花は散りますが、その根が確かならば、

やがて新しい花は、また実をつけ、新しい花は咲くのですから・・・。

梅見月によせて・・・。

2021年02月26日
posted by 吉夢 女将

今年もまた、沈丁花の花香る季節がやってまいりました。

コロナワクチンの接種も、医療関係者から始まり、

世間では、賛否両論ございますが、私は、その時期がまいりましたら、

いの一番に、打って頂こうと思っております。

  

2月に入りまして、吉夢通信でも、何度か取り上げさせて頂いた、

日蓮大聖人御降誕800年慶讃大法要に関する、

一連の行事も、滞りなくあい済み、

何事においてもいえますが、物事はその前までが大変重要でして、

800年慶讃となりましたら、何年も前より準備と日本各地に赴き、

話し合いを重ねておられていたのを、存じ上げておりましたので、

高齢の上、御身体を心配されておりましたお貫主様が、

二日間の行事に、車椅子で座られております様子を、遠くから見させて頂き、

私のような者が、大変僭越でございますが、

今日までの様々なご苦労を思い、

無事ここまで、強いご信心と共に、辿り着かれたものと・・・、

ご本堂の隅で、御尊容を拝し、感無量の思いでございました。

 

2月は毎年の事ながら、超にもう一つ付けて超々スピードで、

1か月が過ぎて行きました。

今月から、日本の大学を出られた、中国人の女性スタッフ1名を迎え、只今研修真っ最中。

頑張り屋の、着物も似合いそうな美しい方なので、

6月の衣替えには初着物デビューなるかと・・・、

しかし基本は大切ですので、しっかり学んで頂き、暫らく様子を見たいと存じます。

    

長らく工事中の為、通行禁止となっておりました、

風光明媚で、私の大好きイチオシ散歩コースの、

鯛の浦遊歩道の工事も終わりまして、

海を眺めながら大弁天、小弁天へ向かい、

昭和天皇・皇后両陛下が行幸啓された際の、記念碑がございます休憩所まで、

ゆっくりと潮風と、春の息吹を感じながら散策頂けましたら、

エネルギーチャージ、良きマイナスイオン効果に、繋がるのでは無いでしょうか。

春が近づき、夕陽も大きな日輪を見せながら、ゆっくりと落ちてまいります。

日々自然と共に年月を重ね、今日も生かされ、許され大きな感謝!!

 

年を重ねると、あちらこちらに不具合が出てまいります。

会社の健康診断結果が返って来て、ここ数年出るのは、お腹と溜息ばかりで、

私にもウエストがあったと自覚出来たのは、

何年前までだったでしょうか・・。

明日の命の保障は、誰にもございませんので、

今日が、今がやはり大切となり、『一日一生』。

生きているのでは無く、大いなるものに許されて生かされている身、

いつも心で言い聞かせる言葉です。

・・・こんな括弧の良いこと言っていても、

夜のご褒美、焼酎のお湯割りが手離せない私。

あ~無情!!

睦月によせて・・・。

2021年01月24日
posted by 吉夢 女将

大寒を過ぎ、寒さひとしお身にしみる今日この頃、

皆さまお変わりなく、お過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

 

コロナは世界中の、今まで極々普通に営まれていた日常の生活を一変させてしまい、

当たり前に行っていた、通勤、通学、外食、国内・海外旅行エトセトラ・・・に、

行動の制約や縛りをうみました。

当たり前なんて、実は無いんだよ、

日常は、すべて奇跡の連続なんだと、耳にしたことがございます。

何か事が起きた時、人は当たり前と錯覚して送っていた日々が、

なんと有り難く、かけがえのない物だったかと、気が付くのですが、

私自身も、常にその思いを忘れずにいなくてはと、今回も強く肝に銘ずる思いでございます。

 

先月のブログでも触れましたが、

フロントの女性、元気に家族の待つ中国へ旅立って行きましたが、

まだまだ、中国に入りましても、2週間のホテルでの隔離、

故郷に帰りましても、1週間の留め置きを過ぎまして、

ようやく、ご家族水入らずの生活に戻れるそうで、

この様な所にも、コロナの影響は大きく響いているわけです。

また今月はもう一人、高校を卒業して11年と数ヶ月、

客室係で吉夢を支えて下さった瞳の綺麗なYさんが、

ご友人の紹介で知り合った方と、ご縁が有り、晴れて寿退社となりました。

若い子を抱えているので、この様な事も当たり前なのですが、

やはり入社から、知っておりますので寂しいですね。

客室係さんから廻って来た一言カードに、月並みですが、祈りを込めて、

「・・・幸せになってください・・・。」と、記しました。

この旅館業、就業者の年齢層に大きな幅がございます。

元気で働いて下されば、何歳でなければならないの縛りも、全くございませんので、

お幾つでも、健康でやる気さえあれば、もうもう歓んでウエルカム!なのです。

年を取っても、筋肉鍛えられてお給料貰えて、こんな良い仕事は無い!なんて、

有り難い事言って下さる方も、おいでです。

今までの人生で、思い方受け取り方で、雲泥の差が出ると、私も沢山学び、

そして捨てて行きたいのは、こだわりや頑なな心、

自分の活動の範囲をせばめ、視野を狭くいたします。

それを長い間経験し学び、反省してまいりました。

今年も常に、温かな心、明るく元気になるような言葉かけが出来る様、

更に努めてまいりたいと、年の初めに書き記して置きたいと存じます。

   

ここ数日、夕陽は溜め息が出る程の澄んだ輝きを放って、山へと帰って行きます。

自然は全ての思いを受け入れ、今日も生かされそして許され、大きな感謝!!

 

息子が大学を出まして就職し、赴任先の兵庫で暮らしておりましたが、

退社し、吉夢へ本格的に入る前にと、

昨年7月より、北海道で修業させて頂いておりましたが、

その研修を終え、3月には以前の職場で知り合った、

可愛いお嫁さんを連れて、帰って来る運びとなりました。

 

若い2人が吉夢で、あらたな息吹をもたらしてくれる事を願いつつ、

春の訪れを、待ちたいと存じます。

 

もうすぐ始まりますが・・・

2021年01月08日
posted by 吉夢

1/12からスタートの菜な畑ロード。

本当だったら明日オープニングセレモニーが解さされる予定でした。

緊急事態宣言も出て中止になりましたが、12日のオープンの準備のため菜な畑ロードへ。

今日はチラチラ雪が降る中での作業。

菜の花さん達は皆さんに見てもらいたくて、元気に咲いてくれています。